他サイト更新RSSぴぽぺ速報最新記事

【画像】 銃乱射から児童守る「防弾毛布」、米国で発売 1枚1000ドル(約10万円)

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
1 名前: 張り手(山梨県)@\(^o^)/:2014/06/11(水) 22:50:18.00 ID:xC/BuBko0.net
【6月11日 AFP】米国史上最悪規模の犠牲者を出した小学校での銃乱射事件に触発されたオクラホマ(Oklahoma)州のある医師が、教室で銃を乱射する犯罪者らから子どもたちを守るための「防弾毛布」を発明した。

2児の父であるスティーブ・ウォーカー(Steve Walker)さん(43)は、発砲や竜巻から子どもたちを守るためにこのオレンジ色の防弾毛布を開発した。米公共ラジオ局NPRはその形態について、「ヨガマット」のようだと表現している。きっかけとなったのは、2012年12月にサンディフック小学校(Sandy Hook Elementary School)で起き児童20人と大人6人が亡くなった銃乱射事件、そして、2013年5月にオクラホマ州の学校を襲い多数の死者を出した竜巻だったという。

(中略)
1枚1000ドル(約10万円)の防弾毛布は、米軍が採用しているものと同じ防弾素材を使っており、米国の学校で起きた発砲事件で使われた銃の90%からの銃弾を止めることができる。商品名は「ボディーガード・ブランケット(Bodyguard Blanket)」で、宣伝用ビデオには、背中にこの毛布を盾のように背負いかがみ込む子どもたちが写されているが、体の側面は無防備に露出したままだ。

ウォーカーさんはAFPに対し「これを使えば子どもたちが無傷でいられると言っているわけではなく、負傷する確率を減らせるというだけだ」と説明している。だが、この商品については賛否両論が上がっている。交流サイトのフェイスブック(Facebook)に作られた製品ページでは、明るいオレンジ色が犯人の注意をひいてしまうのではないかとの意見が一部ユーザーから寄せられた。また米メディアは、1枚1000ドルという価格は、たとえ大幅な値引きがあったとしても多くの学区の予算を超えるものだと指摘しているが、一方のウォーカーさんは、設置に500万ドル(約5億円)もかかる竜巻シェルターと比べ、防弾毛布は5分の1の費用で導入が可能だと主張している。(c)AFP

http://www.afpbb.com/articles/-/3017358
続きを読む
sosu



このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
↑この記事をみんなに広めよう↑

↓ランキングクリックよろしくお願いします↓
 にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ニュース)へ にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ゲーム)へ

コメントをどうぞ

メールアドレス
コメント本文

  • あなたのコメントが、更にこの記事をおもしろくします。

プロフィール

PipopeFavicon

ぴぽぺ速報です。

下らないニュース、
おもしろい事件、
ゲームなど色々扱っております。
1日約70記事です。

Twitter
RSS

↓ランキングクリックよろしくお願いします↓
 にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ニュース)へ にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ゲーム)へ

新着情報

逆アクセスランキング

アクセスカウンター

  • 7現在の記事:
  • 1520883総閲覧数:
  • 700今日の閲覧数:
  • 1044昨日の閲覧数:
  • 546643総訪問者数:
  • 83今日の訪問者数:
  • 165昨日の訪問者数:
  • 138一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:

genzou1919 world