他サイト更新RSSぴぽぺ速報最新記事

プロ作家 「本が売れなくなった理由は、皆が図書館を使ってタダで読むことを覚えたから」

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
1 名前: キャプチュード(やわらか銀行)@\(^o^)/:2014/04/29(火) 20:44:43.59 ID:X+Yqn5UO0.net
読者数は減ってない? 作家が“本の売れない理由”を語る
『「いいね!」が社会を破壊する』などの著書で知られる楡周平さん。 作家になる以前、フィルムメーカーのコダックに勤めていた楡さんは、 現在の出版業界への危機感に、かつてのフィルムメーカー業界と 同じ危うさを感じると作家・林真理子さんとの対談で語った。
*  *  *
林:楡さんは作家になる前、コダックに勤めていらしたんですね。 世界最大のフィルムメーカーで、株価もガンガン上がって、 すごい優良企業だったのに、ある日、経営破綻してしまう。フィルムというものがなくなって、デジタルが出てきたせいで。
楡:衝撃的な出来事でしたね。僕は作家になる前の3年ぐらいの間、 デジタルのマーケティングを担当していて、「皆さんのビジネスはもうすぐなくなりますよ」というプレゼンテーションをやってたんです。

林:そのときの反応、どうでした?
楡:「こんなにうまくいってるのに、フィルムがなくなるなんてあり得ない」というのが、 大方の反応でしたね。ピンとこなかったようで。いま思うとそれも仕方なくて、 当時(90年代前半)、すでにデジカメもパソコンもあったんですけど、 画像データは重いしフリーズはするしで、とても仕事に使えるようなものではなかったんです。 だけどデジタルをやってる人間は、10年先の進化したコンピュータの世界を考えますから、 「どう考えてもフィルムは終わる」ということがわかってしまうわけで。

林:時代を読み切れなかったんですかね。
楡:というか、あまりにも完全に確立されたビジネスモデルがあると、そこから脱しきれないんですよ。

林:いまの出版業界にも同じことが言えますか。
楡:そう思います。去年の大晦日の夜7時のNHKニュース、つまり昨年最後のニュースの中で、 「出版業界はこれだけ縮小している」というのをやってたんですよ。 ピークだった1996年、これは私がデビューした年ですが、そこからいまは5分の3に減ったというんです。17年間で40%縮小してるんですね。とたんに気分が暗くなっちゃって、そのまま年を越しました(笑)。
(続く)
http://dot.asahi.com/news/domestic/2014042500041.html
続きを読む
sosu



このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
↑この記事をみんなに広めよう↑

↓ランキングクリックよろしくお願いします↓
 にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ニュース)へ にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ゲーム)へ

コメントをどうぞ

メールアドレス
コメント本文

  • あなたのコメントが、更にこの記事をおもしろくします。

プロフィール

PipopeFavicon

ぴぽぺ速報です。

下らないニュース、
おもしろい事件、
ゲームなど色々扱っております。
1日約70記事です。

Twitter
RSS

↓ランキングクリックよろしくお願いします↓
 にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ニュース)へ にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ゲーム)へ

新着情報

逆アクセスランキング

アクセスカウンター

  • 13現在の記事:
  • 1490345総閲覧数:
  • 124今日の閲覧数:
  • 231昨日の閲覧数:
  • 537153総訪問者数:
  • 69今日の訪問者数:
  • 144昨日の訪問者数:
  • 123一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:

genzou1919 world